スアン・ディンのホンシエム(サポディラ)

 Xuan Dinhのホンシエムは特別の香ばしく甘みがあります。Xuan Dinhで植えられて、Xuan Dinhのホンシエムの実が大きくて、皮が茶色で、切ると温和な香りがして、中身の砂がスムーズで、他のところのホンシエム(中身の砂が大きく、濃い甘みで、サイズがより大きく、実の形も均一ではない)と違います。 Xuan Dinhのホンシエムはそんなに大きくなく、ひし形であり、皮が茶色で薄いです。薄い皮がありますが中身がスムーズで美味しいので、食べる時、他のところのホンシエムと違って、さらさらして舌が燃えるような感じがありません。だからこそ、昔から首都の人の貴重な名産物になってきました。  ホンシエムの伝統的な植える方法とともに、Xuan Dinh村の人は上手な果物を実らせる方法を持っています。同じ実った甘いホンシエムの一回分を作る為に、工夫にしなければなりません。収穫する時、もう直ぐ実って丸くて、皮がスムーズで、茶色の実を選ばなければなりません。 収穫した後、樹脂をなくする為に15分ぐらい水に浸って、綺麗に洗います。ホンシエムの皮に傷を避けるために布又は柔らかいスポンジで上手に洗わなければなりません。洗った後、日に乾かしてから実らせます。つぼに並んでから、香の一束を燃やしお碗に入れて、つぼにおいてからふたを閉めて、再び開けないようにします。 夏の実らせる方法です。春の場合、天気がまだ寒いですので、竹のバスケットに入れ、葉っぱや布で包んで、香の一束を燃やし置いてから、また厚い布でつみます。3日間後ホンシエムが実って、特別な香りがします。 Nhat Tan 花市場のように、Xuan Dinhにもホンシエム市場があります。朝4時~7時まで一番にぎやかです。収穫期になると、この辺の人達がホンシエムを市場へ持って行って、全国に配って販売するためのトラックに乗せます。    
スアン・ディンのホンシエム(サポディラ)
スアン・ディンのホンシエム(サポディラ)

 
に関する
 段々畑に栽培されるもち米(nep...
 ベトナム少数民族風ベーコンは、北部の東・西方の山間に住んでいる少数民族の一般的な料理です。一回食...
Back to top