サイゴンの鍋焼き

 鍋焼きはベトナムにいつかがご存じますか?誰も知りませんが、1960年から多少のレストランにありました。あった時間、サイゴンの人はこの料理を「タップフィルー」と呼んで、「何も入れることが出来ます」を意味が持っています。その後、西側の食道楽の人はラウマム(鍋焼き魚)を変化して、今サイゴンの有名な鍋焼きになります。   今まで、サイゴンの鍋焼きは盛んな料理になって、五つ星ホテルにも平民のレストランにもあります。サイゴンに住んでいる人は一年中に鍋焼きを食べます。夏でも雨季でも多くの野菜と生材料によって、鍋焼きの味が大好きです。一見すれば、何も入れます。でも、鍋焼きたちは分別して、作り方の規則も異なります。 最近、鍋焼き牛の股は流行しています。牛の股は軟らかくて、脆くて、醤油に漬けて、美味しいです。誰かが新しい料理を究めたいで、クエフオンレストランに来ください。こちらに一番鍋焼きで有名で、煮汁はダチョウの肉で作ります。食べるときはほうれん草を熱した煮汁に突っ込みます。   鍋焼きはたくさん種類があり、鍋焼きずつは特別な味ずつがありますから、分別のためにたくさん食べてください。
サイゴンの鍋焼き
サイゴンの鍋焼き

 
に関する
 酢に突っ込み牛肉の酸っぱさ、辛さは皆様で人気があります。食べる前に、短く切っている牛の肉片、塩割...
 焼き牛肉は夜のベンタン市場に有名な料理である。この簡単に料理は木炭で瓦に漬けた牛肉を焼きます。そ...
Back to top