ハノイの焼きイカ

 街角のあちこちに、行人に注目されるほど焼きイカの香りが漂ってきます。夜ハン・ガイ、ハン・ザウ、マイ・ハック・デ、ルオン・ヴァン・カンなどの通りを通って、大きな店でも小さい店でもいつもお客さんが込んでいて、にぎやかです。寒い冬の夜、お客の人々は、たがみに座り、木炭ストーブで焼き、又はアルコールをお皿に入れイカを焼きながら、お酒を飲んで、楽しくおしゃべりします。日常の話をおしゃべりしながら、焼きイカの味を味わいます。美味しい焼くイカとお酒で、絶えず楽しくお喋りします。 焼きイカは食べやすい料理なので、長引く友達や家族の皆さんとお喋りしたくて、焼きイカにする人が多いです。また、屋台又は人が少ない街角での店で焼きイカを味わうのが、だれでも気持ちが良くなります。 焼きイカは、チリソースに漬け食べたらもっと美味しくなります。チリソースの辛い味及びイカ甘い味・いい香りを合わせて特別な味になります。また、焼きイカは香草又はムオイ・ティウ・チャイン(Muoi Chanh Tieu)と一緒に食べられます。他の海沿い地域と違い、ハノイ人は、特有の食べ方があります。唐辛子やレタスと食べないで、チリソースの一皿とサクサの葉だけと一緒に簡単な食べ方です。それだけでも体が暖かくなります。 特別な味があるので、考えるだけでもがつがつしている人が少なくないです。冬の夜焼きイカを食べたり、お酒を飲んだりするのはハノイ人の好きなものです。    
 
に関する
 ネムタイは、塩で漬けたイチジク数個、イチジクの葉、香草のいくつかの種類、ゾー・ルア(Gio...
Back to top