ディエンビエンのトゥエットお茶

 危険な曲がり角や山腹を曲がったりしたり、何百キロメートルの森の道を通ったりして、ようやくディエンビエン省のTua Chua郡に着きました。Tua Chua郡の北にある4村(Ta Sin Thang、 Sinh Phinh、 Ta Phin 、Sin Chai)が海水準に比べ1200m以上高く、何百年前から天然に恵まれている「緑の金」という天然資源があります。この「緑の金」は約1万の古木「トゥエット」お茶の木です。 トゥエットお茶を作るのが簡単ではありません。まず、生お茶の蕾を取って、悪い蕾を選ばないで、パンに入れて煎じます。出来上がったお茶が入れるとお茶の色が緑になるように、お茶を煎じる為の薪はよく乾した薪ではないといけないです。煎じた時、いつも手をパンの周りに上げ、暑さを判断しなければなりません 煎じる間に、ずっと中火で煎じてから、出して手で踏みにじします。踏みにじする時に、不味くならなくて香りが無くならなくて、薪に付いている「白い雪」が落ちないように上手に踏みにじしなければなりません。この工程は大切ですので、作業する人が気にしないといけないです 煎じてから、お茶の薪が青い豆粒の大きさぐらいで硬く小さくなり、「白い雪」に覆われ、山々の優雅の味があります。煎じる火炉の暑さで頬っぺたが赤くなったモン民族の女性がお茶を飲んいるのを見て、Suoi Giangお茶が特別な味があるだけではなく、この味を作るのも工夫したという価値が観賞できます。
ディエンビエンのトゥエットお茶
ディエンビエンのトゥエットお茶

 
に関する
 段々畑に栽培されるもち米(nep...
 ベトナム少数民族風ベーコンは、北部の東・西方の山間に住んでいる少数民族の一般的な料理です。一回食...
Back to top