ブンチャにはチャ・ヴィエンとチャ・ミエンも両方入れる場合が多いです。 ブンチャはベトナムのラーメンです。ブンチャにはチャ・ヴィエンとチャ・ミエンも両方入れる場合が多いです。

ブンチャ

 ブンチャにはチャ・ヴィエンとチャ・ミエンも両方入れる場合が多いです。チャ・ヴィエンの作り方は、豚肩ロース赤身を挽いて丸くして、塩・胡椒・たんぱく質が35度以上の魚ソース・砂糖・引かれた挽かれた乾ねぎ・植物油と一緒に漬けます。   肉の鮮度によって、調味料を漬けてから、肉がまだ硬ければ、少しの油を入れてもいいです。そうすると、肉が柔らかくなります。その肉を指2本ぐらいのサイズで平たくします。工夫をしますと、一個のチャーの横をバナナの葉で巻いて焼きます。そうすれば、焼くとき、チャが焦げられなく、普通より香りがします。豚肩ロース赤身でチャを作るのは、伝統的な方法です。なぜかというと、豚肩ロース赤身は肉が詰まっていて、もも肉と違い肉の繊維が少なく、尻肉と違い柔らかくないです。豚肩ロース赤身で作れば、小さく挽いて平たくされたチャは他の部分より硬いです。  
ブンチャ2
ブンチャ2

 
に関する
 ネムタイは、塩で漬けたイチジク数個、イチジクの葉、香草のいくつかの種類、ゾー・ルア(Gio...
Back to top