ベトナム少数民族風ベーコン

 ベトナム少数民族風ベーコンは、北部の東・西方の山間に住んでいる少数民族の一般的な料理です。一回食べたことがあったら、肉の特別かつ美味しさが忘れられないはずです。 ベトナム少数民族風ベーコンを見ると作り方が簡単だと思うかもしれませんが、実は簡単ではなく工夫です。この肉を作る為に、水牛・牛・豚の肩肉、桃肉を選びます。下降する時、脂身・筋を切って脱いで、長く切ります。特に、時間が経っても腐れないように冷たい水で洗わず、血が滲むように綺麗な布で洗います。のこの肉をお酒・塩・唐辛子や生姜や胡椒等調味料を漬けてから、瓶に入れ、ふたを閉めて1週間くらい放置しておきます。   その後、森にある紐で肉を刺してから、毎日料理を作っている熱気と煙で肉から水も油も出て、肉が硬くなり、有煙炭の重ねになっているため、細菌が肉の中に入れないので、キッチンの上に掛け増す。それで、食べる時、肉の香りがそのまま残っていて、硬くて肉の甘味が味わえます。一週間ぐらい放置したベーコンが食べられますが、もっと長く放置した方が美味しいです。 ベーコンは直ぐ食べられず、処理した後食べた方が美味しいです。食べたい時、肉を取って、灰燼重ねを吹き洗ってから、薄く切って料理を作ります。この肉で揚げ物・茹で物・炒め物など色々な料理が作れます。食べると、甘く硬く脆くてうまいです。   実際は、このベーコンが、食料がなくなる時や貴賓が伺う時に使う料理で、ベトナム少数民族伝統的な料理です。 山間のところでのベトナム少数民族風ベーコンは、捜し易くない名産物であり、平地に住んでいる人が模造してみて、レストランや店にて提供しています。山間のところでのより美味しくないですが、日常の肉の作り方と違って、見ず知らず味なので、人気があります。        
ベトナム少数民族風ベーコン
ベトナム少数民族風ベーコン

 
に関する
 段々畑に栽培されるもち米(nep...
 Chit虫はベトナムの「冬虫夏草」(中国の貴重な薬剤)だと例えられていて、癌を治療するに効果があった...
Back to top