ブン・モック

ブン・モックは、ベトナムの北部出身のスープ麺です。「モック」という言葉は、北部の人たちに呼ばれていて、粉砕された豚肉の赤肉からゾー・ルア又はゾー・クエ(チャー・ゾー、チャー・クエ)を作ります。「モック」もゾー・ソン(生ゾー)と呼ばれています。詳しく言うと、粉砕された豚肉の赤肉ですが、まだ煮えられていない物です。 ブン・モックは、3方法で豚の骨からの煮汁、細いビーフン、小さく切られたスペアリブ、モック(生ゾー)を使います。 ·        生ゾーを小さく丸くして、煮汁に入れ煮えます。 ·        生ゾーを丸くして、油で揚げます。 ·        生ゾーをきのこと混ぜて、丸くして、煮汁に入れ煮えます。 そして、できたブン・モックのボウルの上に薄く切られたゾー・ルア又はゾー・クエを飾ります。そうすれば、一個のブン・モックのボウルには、味の違う豚肉の5つ種類あります。これは、ブン・モックでの素敵な組み合わせされた均一です。 鶏肉を煮汁の鍋で煮込んで、ブン・モックのボウルに小さく切った鶏肉や細くした鶏肉や、薄く切られたゾー・ルアの代わりに小さく巻いたゾー・ルアを入れる店も多いです。また、ブン・モックを作るとき、モックとゾー・ルアとゾー・クエだけ使い、スペアリブも鶏肉も使わない店もあります。鶏肉を入れるのは、店によって決めます。
ブン・モック
ブン・モック

 
に関する
 ネムタイは、塩で漬けたイチジク数個、イチジクの葉、香草のいくつかの種類、ゾー・ルア(Gio...
Back to top