ディンビエンのチェオ

 チェオは、マックケン(Mac Khen)木の実から作られるものです。 マックケン木は、シキミ科の野生の植物で、香料とエッセンシャルオイルがあり、伝奇的になり、西北部の人の食事に不可欠な調味料を作る材料です。昔森が多くて、野獣がいっぱいいて、狩人達が狩りに行った時に、必ず帰った後チェオは狩人のかばんにあるはずでした。 チェオは、伝奇的になり、西北部の人の黒タイ民族の食事に不可欠な調味料であり、マックケン木の実から作られたものです。 キン民族の食事にある「挽き塩つけた胡麻」(Muoi vung)のように、タイ民族の大切な食事には、チェオが無いことはありません。マックケンの実を収穫してから煎じます。その後、粉になるまで挽きます。しかし、香ばしい味を作り、おこわと一緒に食べられるものは、いろいろな工程が必要です。種を無くした焼いた乾燥唐辛子・煎じた塩・挽き煎じたパクチーを挽きます。上記の混合を混ぜてから、チェオが出来上がります。出来上がったチェオは、ヒリヒリしますが、オマイ(干し梅)の味みたくて、山と森の精髄であり、トウシキミ・桂皮の香りがします。 チェオはよくおこわと一緒に食べられます。おこわを作るためのもち米はNghia Lo - Than Uyen を区分しているKhau Ha 峠の下にあるTu Le畑で収穫されたもち米であれば、最高です。「Tu Leのおこわ・Muong Loの普通お米・Xoe Kinh Bac」とよく言われています。 チェオは、野獣の肉を美味しくさせます。森で狩った野獣だけではなく、この調味料は、黒タイ民族が「pa pẻng toh」(焼き折った魚)という料理を焼く時に使った調味料です。魚を持って帰ってから、綺麗に洗って、背中から割いて、内臓を取ってから、チェオを中も外も塗ります。その後、魚を折って、竹棒で刺して焼きます。 食べたことが無い人は聞くだけ、すぐ食べたいほど楽しむので、何回も食べた人は勿論大好きでしょう。この魚の折り方は、魚肉がよく熟して、焼く時中の水がそのまま残っているので焦げません。チェオの香りがして、マックケンの温和な香り、唐辛子の辛味、塩の塩辛味があります。
ディンビエンのチェオ
ディンビエンのチェオ

 
に関する
 段々畑に栽培されるもち米(nep...
 ベトナム少数民族風ベーコンは、北部の東・西方の山間に住んでいる少数民族の一般的な料理です。一回食...
Back to top