ロンソン寺 

ロンソン寺  1886年にゴチお坊さんによって建立されたこの寺院の古い名前はダンロン寺と言いました。寺院の初期は木材や土などを立ちました。1990年までに台風によって落下してから、現在の位置にあり、下丘に交替しました。その後、改造され、今のロンソンが名前を持っています。あの時にこのお寺はベトナムの大切な寺を登録されました。 ロンソン寺に景色 ご寺院は44.5メートルの長さで、72メートルの広さです。お隣はカンホア省の仏学短期大学の講堂及びカインホア仏教教会局があります。 寺内には700キロの重さで1.6メートルの高さ銅で作った仏陀像があります。像の後側には大きな鏡があります。

 
Back to top