ニャチャン大聖堂

ニャチャン大聖堂 ニャチャン市内における丘の12高さに建っている協会は多くの老若男女、観光客、カメラマンが石段を上がって教会を訪れます。大聖堂の正式に名前はキリスト大聖堂キングと言われていますが、簡単に石協会、山協会またはニャチャン協会が盛んな名前を呼ばれます。お大聖堂のユニークな建築はフランス風をしています。 ニャチャンで公教のいい暮らし方を伝えるために、ロイズバールレート伝道師は心からこの協会を建てました。彼がなくなった後で、ご墓石は協会の丘下に立っています。 1928年九月三日に小さくボン山問い言うもので設立されましたから、山大聖堂と呼ばれています。 お大聖堂は絶対的に西洋の公協会風の建築によって修飾しました。この風はサパの協会と他のところにもあります。 観光客も自由に入ることができます。見どころはミサの時間にキリスト教信者が全員起立して合唱する歌です。教会の外まで溢れている人々の信仰心の高さをうかがうことができます。その他、教会から見下ろす風景も絶景です。

 
Back to top