日本橋

日本橋 チャンフー通りに架かった屋根付きの太鼓橋だ.漢字で来遠橋(ら いおんばし)の看板が掛かっている.中国風デザインに見えるが日本橋とも呼ばれているそうだ。レンガの頑丈そうな橋脚に木造の舗道面と柱,屋根構造が組ま れ,屋根は漆喰で固めた瓦で葺かれている.福建会館やシルクロード博物館,或いは周辺の住宅同様どっしりしたもので,『ホイアンの古い町並み』に調和した ものだ. 渡る橋の北側は塞がれ,外は見えない.塞がれているのはそこに部屋(祠)が設けられ,写真の本尊が祀られているためだ.見た通り完全に中国風風貌と装束だ と思う.ホイアン一帯現在もそうであるらしが,しばしば暴風雨と洪水に見舞われる.そしてその要因はこの辺りに棲む大ナマズだとする伝説があったそうだ. この神様(名称不明,所謂水神様か?)はその大ナマズの霊を鎮める治水の守護神ということである. この神様も中国風であるし,まだ一向に『日本橋』と呼ばれるに至った理由が判りにくい.屋根の構造が日本建築の技法に則っているとか,当時1000 人を上回る日本人会が建設資金のかなりを出したとか,日本の大工が建てたとか,華人街と日本人街を結ぶ日中友好の架け橋にとか,日本人街の脇にあったからとか,いろいろ言い伝えられているらしい.

 
Back to top