ミンマン帝廟 

ミンマン帝廟  カンディン帝廟の後は、そのままタクシーでミンマン帝廟のほうに向かった。廟に向かう途中、ツアーだったら使うであろうフォーン川の川上りの船を何度か見ることができた。しかし、あんな船でのんびり行くよりは、やっぱりタクシーで好きなところに早く到着できるほうが便利だ。 ミンマン帝(明命帝)は阮朝の第二代皇帝であり、父親のザーロン帝(嘉隆帝)の後をついで国家の基盤つくりに躍起になった人である。 死ぬ寸前に建設を着手し、約3年間かかって作られたこの廟は、カンディン帝廟とはまったく異なり純中国風の作りになっているというのは、ミンマン帝が中国を宗主国と見なし、朝鮮と同様に自らの国家を「小中華」の位置付けにしようとした結果の現われなのだろうと思う。20年間の統治の中で、ミンマン帝がやったことは、清国と同じ政策として鎖国である。17世紀以降東南アジアにじゃんじゃんやってきたヨーロッパ人も、当時は当然ながらやってきたが、断固として拒否したことがあとでフランスの怒りを買ってベトナムが植民地化されてしまう結果を作った張本人である。       そんな帝廟は、入口がなんだか寂しいくらい寂れている。それも車が止まる簡易駐車場みたいなところから廟の入口まで、民家の裏庭みたいなところをしばらく歩いて行かねばならないのである。途中、その民家から「バナナ食べない?」としきりに庭の柵越しに営業活動をしてくる。これがうるさいのだ。また可愛らしいことに、飼われている鶏が、本当に放し飼いになって育てているため、元気の良さそうな卵も一緒に売っているのである。鶏の放し飼いなんて、よほどの田舎に行かないと日本では滅多に見られなくなった風景なのだが、ここではこんな有名な廟の前では普通に行なわれているのが面白い。    ミンマン帝   門を潜ると広い広場が見えてきて、ここでもカンディン帝廟と同じように武官と戦争に使われる動物が石像として広場の両サイドに置かれている。最初の広場自体が結構広いために、カンディン帝廟のように二列になっているわけではなく、1列に並んでいるところが凄い。カンディン帝廟のときにも思ったのだが、戦争時には、馬だけではなく象も使われていたのがこれでよくわかる。タイあたりは象のイメージはあるが、ベトナムもやはり隣国なので象も戦闘兵器として重要な役割が行なわれていたのだろう。       ここが廟の中の一番奥と思っていたら大間違い。さらに奥があるのだ。廟の置くには三日月形の池があり、その奥にこんもりとした小高い山のようなものが存在する。ここにミンマン帝の墓があるのだ。しかし、墓は日本の古墳のようになっているので、中には入ることができない。高さ3メートル、周囲280メートルの壁がその行く手を阻んでいる。三日月池からこの小高い古墳風の入口にいくまでにも、結構長い階段があるのだが、階段の最後にいきなり門があって、開かずの状態になっているので、がっくりくるのである。

 
Back to top