ホイアンの提灯 

ホイアンの提灯  16世紀末にあった提灯は定住にホイアンに中華人によって広まった。今まで、提灯を作るの業はホイアンに400年間にあることそうだ。 大晦日において、赤、黄色、オレンジの提灯で旧市街はなぞ、きらめいた。ホアイの川の光景は絹のようにみごと。雨を作る鯉提灯、竜提灯、不明鳥提灯、いろいろな提灯があります。多くの色の数百つの提灯で輝くアンホイ橋。その橋をわたり、アンホイ庭に着く。その庭は大きな数十つの提灯で   大きな79つの提灯がコンテストに参加する他、形が不思議である300つの提灯もホイアンの芸術者、企業、機関、学校の人々にホアイ川に沿って、紹介される。 数千人の外国人の観光客のよう、私は提灯の光のなぞに魅力された。その光はホイアン世界文化遺産の象徴であるカウ橋、提灯で装飾される古い建物、細長い小道からである。提灯がないとホイアンは真のホイアンとならないようである。 ホイアンの提灯は竹と貴重な木で作られ、面は絹で囲まれる。芸術者は提灯に詩か指針を書き、昔の物語なども描く。 数千万ドンである大きな提灯から子供向けの小さな提灯までは芸術者に詳しく作られ、装飾される。 ホイアンを訪問、多様な提灯の世界にあふれると、観光客は気持ちよくなる  

 
Back to top