ハロン湾

ハロン湾 ベトナムの東北部に位置し、北部湾の西側の一部であるハロン湾はハロン市、カムファタウン、バンドン諸島の一部を含みます。東側は海、西南側はカットバー島に接し、残りは陸と接しています。120キロメートルの海岸に沿って1553平方キロメートルある総面積中に大小1996島があります。その中980もの島は名前がついており、残りは無名です。世界自然遺産が登録された所の434平方キロメートルは775島があり、西側のダウゴ島と南側のバハム湖と東側のコンタイ島からなる三角形に見えます。 ハロン湾は特別に遺産であり、国内の地質構造中と歴史の大切な史跡を残っています。こちらに古いベト族の住みところは自然の素晴らしい景色と有名で奇麗な洞窟がたくさん石島が集中します。     更に、昔々越族の文化と歴史に関するハロン湾は生物多様性が集中している所であり、自然えエコロジ系の動物および植物がたくさんいます。   ベトナム人の英雄に歴史面をしているハロン湾は十二世紀ににぎやかなバンドン貿易港、歴史にバイトー山、二回海戦として知られているバックダン川で有名です。またハロンは考古学名所で石器時代末にハロンのものがあります。 1994年12月17日、タイに開かれた第18回ユネスコ世界遺産委員会会談において、正式に天然遺産として認められました。以上特色のある諸島を持っていた、世界的に価値を持つハロン湾世界天然遺産を肯定します。 2000年12月2日、オーストラリアに開かれた第24回ユネスコ正解遺産委員会会談において、地質及 び名所の標準によって二回認められました。現在、クアンニン県は生物多様性及び考古学によって世界天然遺産・ハロン湾を三回認められようと思います。

 
Back to top