ハノイの旧市街

ハノイの旧市街 旧市街は、1010年にハノイに都が置かれてからタンロン城と紅河の間に発達した街です。朝廷に献上する品物を作るための職人達が集められたのが始まりです。同じ職業をもつ人々によって「坊」が作られ、それぞれの通りに扱う商品の名が付けられました。時代と共に坊の数は変わり、後黎朝(1428~1789)時代に36の坊と通りがあったことから「36通り」と呼ばれるようになりました。  一方、15世紀頃から旧市街には華僑が住み始め、19世紀には同郷の人々の会館(中国人の集会所兼神社)を建て商売を発展させていきました。   現在立ち並ぶ商店のほとんどは、仏領時代19世紀後半以降に建てられたものですが、15世紀の頃からの通りや、坊ごとに建てられた亭(ベトナム人の集会所兼神社)、華僑が建てた会館、神社などの古い歴史を持つ建物も残されています。  

 
Back to top