ベトナム美術館

ベトナム美術館美術館はベトナムの民族の芸術文化遺産をセーブする宝庫とて知られています。20世紀の30つ年に建てされたこの建物はインドシナにフランス人の偉方の娘のために勉強所であり、泊まりました。1962年には、政府の許可書を受ける時、文化省は全面的な建物を改修した、西洋の建築風からベトナムの農村風になりまして、今の趣があります。こちらはベトナムの美術作品を展示します。1966年にベトナム美術館は4200平方メートルの広さの正式に発足しました。今の美術館の総面積は4737平方メートルに広げされました。

 
Back to top