バオダイ宮殿

バオダイ宮殿 バオダイ宮殿はパレスIIIとも呼ばれ、バオダイ帝王がフエで帝王として任務していた間の1933年~1938年に建てられ、その設計者はフランス人の建築士とベトナムの建築士フイン・タン・ファットであった。バオダイ宮殿は、公園の小風景、トォンウィエン庭、アイアン森に関連付けられた松森と調和を取った建 築と小さなロマンチックな池で、ダラットでの最も美しい作品の一つと評価された。建設が完了した後、バオダイ帝王はこの宮殿を夏の避暑地として使った。当時、バオダイ宮殿の回りに、帝王警護用の皇宮警察と「コン・サ・ビエット・ディエン」という帝王専用の車両団があった。それに、フランス人のパイロットが運転する独自の艦隊もあった。 1948年に、フランス人はバオダイを元の政権に復帰し、1950年に「ホアン・チエウ・クオン・トー」を設立した後で、バオダイ宮殿は「ビエット・ディエン・クオク・チュオン」と名付けられた。

 
Back to top